1. ホーム
  2. 社会
  3. 大麻所持容疑で歯科医2人逮捕 県警

大麻所持容疑で歯科医2人逮捕 県警

社会 神奈川新聞  2017年05月20日 11:25

 自宅で大麻を所持したとして、県警薬物銃器対策課と加賀町署などは19日、ともに歯科医師で、横浜市磯子区磯子4丁目の男(38)と、東京都大田区の男(35)の両容疑者を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は同日、横浜に住む容疑者は自宅居間のソファの下にある収納ケースに、ビニール袋入り乾燥大麻1袋(約2・55グラム)を、別の容疑者は自宅の物置部屋に、ビニール袋2袋とプラスチックケース1個に入った乾燥大麻(計約20・95グラム)をそれぞれ所持した、としている。同課によると、両容疑者は容疑を認め、それぞれ「自分で使うために持っていた」と供述している。

 同課によると、両容疑者は同じ歯科大学出身の知り合い。

 県警に3月、「両容疑者が大麻を乱用している」との情報が2回寄せられていた。同課は大麻の入手先についても調べている。


シェアする