1. ホーム
  2. 話題
  3. サツマイモ育って 屋上で園児が苗植え体験

川崎のNTTビル
サツマイモ育って 屋上で園児が苗植え体験

話題 神奈川新聞  2017年05月18日 10:09

サツマイモの苗を植える子どもたち
サツマイモの苗を植える子どもたち

 空に向かって大きく育て-。川崎市川崎区のNTT川崎ビル(5階建て)屋上で17日、地元の保育園児らがサツマイモの苗植えなどを体験した。都会の子どもたちに土に触れる機会を持ってもらおうと、NTT東日本川崎支店が開いた。

 「あすいく保育園」(同区日進町)の年長園児23人が、プランター112鉢に、同支店の山貫昭子支店長ら従業員約60人と一緒にサツマイモの苗を植えたほか、枝豆とヒマワリの種もまいた。

 子どもたちは手で土を集めて畝をつくって苗を丁寧に植え、じょうろで水をまいた。

 ヒマワリは夏に花を楽しんだ後、種が福島に送られ、現地でまかれたり、油を搾るなどして利用される。サツマイモは10月に収穫(昨年は120キロ)予定で、室井菜々帆ちゃん(5)は「大きくなるのが楽しみ。スイートポテトにして食べたい。焼き芋もいいな」と笑顔で話していた。


シェアする