1. ホーム
  2. 社会
  3. 「オバマ米大統領を広島に呼ぼう」と、神奈川県の高校生たちが街頭活動

「オバマ米大統領を広島に呼ぼう」と、神奈川県の高校生たちが街頭活動

社会 神奈川新聞  2010年01月24日 23:09

横断幕を掲げて折り鶴の協力を呼び掛ける高校生たち=本厚木駅北口
横断幕を掲げて折り鶴の協力を呼び掛ける高校生たち=本厚木駅北口

「オバマ米大統領を広島に呼ぼう」と活動を進めている「中高生ノーニュークネットワーク神奈川」は24日、小田急線本厚木駅北口広場で道行く人たちに折り鶴の協力を呼び掛ける街頭活動を行った。

参加したのは、厚木高校生と趣旨に賛同した県立大和西高校の国際協力同好会のメンバーら16人。「核兵器廃絶のためにオバマ大統領を広島に呼ぼう!」と横断幕を掲げ、趣旨を訴えるチラシを配りながら「折り鶴の協力をお願いします」と声をからした。その場で折ってくれた親子連れや、中には募金箱に千円札を入れてくれた人もいたという。

中高生ノーニュークネットワーク神奈川は、広島市内の「中高生ノーニュークネットワーク広島」の運動を神奈川にも広めようと昨年秋に発足。核兵器廃絶の第一歩として、オバマ大統領を広島に呼んで、核兵器廃絶への思いを強くしてもらいたいと考えているという。今年3月にオバマ大統領主催の核安全保障サミットが開かれる時期までに、地球上に2万3千発あるとされる核兵器の数以上の折り鶴を折ってホワイトハウスに届ける。

既に広島では3万羽、神奈川では6500羽が集まっているという。

【】


シェアする