1. ホーム
  2. 政治行政
  3. 川崎市長選、市議補選の日程発表 市選管

川崎市長選、市議補選の日程発表 市選管

政治行政 神奈川新聞  2017年05月16日 02:00

 川崎市選挙管理委員会(笠原勝利委員長)は15日、任期満了に伴う市長選の日程を10月8日告示、同22日投開票と決めた。

 現職の福田紀彦市長の任期満了日は11月18日で、公選法では任期が終わる日の前30日以内に選挙を行うと定めている。国政選挙の補選があった場合は10月第4日曜日に行われるため、有権者の利便性や投票率向上を勘案し、10月22日が最適と判断した。

 2013年の前回市長選では自民・民主・公明の3党推薦の元総務官僚と共産党推薦候補を破って福田氏が初当選。今秋の選挙に向けてはこれまでに、福田氏が再選出馬の意向を表明している。

 自民党は今回、福田氏の支援も含め市長選の対応について党市連や市議団で話し合いを続けている。

 3月2日現在の市内の選挙人名簿登録者数は121万5864人(男61万8785人、女59万7079人)。前回執行時と比べ、人口増や選挙権年齢の引き下げで6万人近く増えている。

 また、林浩美市議の昨年11月の辞職に伴う川崎区(定数9、欠員1)の市議補選の日程も10月13日告示、同22日投開票と決めた。林氏は13年間にわたり無免許で乗用車を運転したとして、今年2月に道交法違反の罪で執行猶予付きの有罪判決を受けた。


シェアする