1. ホーム
  2. 社会
  3. リトバルスキーさんが小中学生に熱血指導/大磯

リトバルスキーさんが小中学生に熱血指導/大磯

社会 神奈川新聞  2009年12月24日 20:57

子どもたちを指導するリトバルスキーさん(左)=大磯運動公園
子どもたちを指導するリトバルスキーさん(左)=大磯運動公園

サッカーの元ドイツ代表のピエール・リトバルスキーさん(49)が24日、大磯運動公園(大磯町国府本郷)を訪れ、地元の小中学生向けにサッカー教室を開いた。近くにキャンパスを構える国際学園が地域交流事業として初めて企画した。元気にグラウンドを走り回った200人余りの子どもたちにとって、一流の指導者からの貴重なクリスマスプレゼントとなった。

リトバルスキーさんは日本と縁が深くJリーグでも選手や監督として活躍。「リティ」の愛称で親しまれている。現在はスイスリーグの監督として指揮を執る一方で、2002年からは同学園のサッカー部門のテクニカルアドバイザー役も務めている。今月の一時帰国にあわせて、大磯と二宮町の小中学生のクラブチームなどに参加を呼び掛けた。

グランドでは、日本語の堪能なリトバルスキーさんがドリブルやリフティングなどの練習方法を大きな手ぶり身ぶりで指導。子どもたちは歓声を上げながら挑戦し、往年の”天才ドリブラー”との交流を楽しんでいた。

【】


シェアする