1. ホーム
  2. 話題
  3. 全国から食通集う青森・創業70年総菜店の焼きおにぎりのヒミツ

女性自身
全国から食通集う青森・創業70年総菜店の焼きおにぎりのヒミツ

話題 神奈川新聞  2017年05月12日 13:14

全国から食通集う青森・創業70年総菜店の焼きおにぎりのヒミツ(写真:女性自身)
全国から食通集う青森・創業70年総菜店の焼きおにぎりのヒミツ(写真:女性自身)

 「ぅめ~が?(おいしい?)」

 ようやく春が訪れた北国・青森。青森市内にある古川市場で、焼きおにぎりを頬張る幼い姉妹にほほ笑むのは横山はる江さん(82)。新鮮な魚介を売る店が連なる市場の片隅で、2坪の広さの小さな総菜店・通称「はるえ食堂」を営んでいるはる江さん。創業して70年、名物は焼きおにぎり。注文すると「時間がかかるよ」といいながら作りだす。

 「この前、ブラジルから帰郷した人が泣きながら“おいしいよ!”と食べていましたよ」とはる江さん。最初は、市場で働く人たちのために作られた焼きおにぎりだが、今では東京や九州など観光客が食べに来る。他人が触ったおにぎりが敬遠される時代に、はる江さんのおにぎりが人気を集めているのはなぜだろう。

 七輪の炭火でじっくり焼かれるおにぎりは、完成までに30分!アツアツを頬張ると、焼けた黒ごまがパリッとクリスピー!でも中のご飯はふんわりと軟らかい!!口に広がる香ばしいごまの香りに紅鮭の風味……。経験したことのない食感なのに、懐かしい!

 「13年前に死んだお父さん(夫)が好きだったのが、この焼きおにぎり。作るコツ?お父さんに作っていたときと同じく“おいしくなれ”と思いながら、“まで~に”作るだけです」

 焼きおにぎりは、愛情たっぷりで、心まで温かくしてくれた--。【女性自身】

「カナロコ」は、読者に幅広いコンテンツを提供するため女性週刊誌「女性自身」との提携を開始しました。女性誌の視点からみた政治や経済(写真:女性自身)。関心が高い教育、そしてグルメ、芸能まで多岐にわたり情報を配信していきます。
【関連記事】
がん死亡率ワースト…やってはいけない青森県の不健康習慣5
不健康でも魅惑的「青森県がお前をKILL」ツアーに行ってみた
47都道府県で女子に愛される地元のメイブツ【青森県編】
犬猫の殺処分ゼロ目指し…青森・三本木農高「命の教育」が伝えること
青森中2女子”いじめ自殺” 実母が悲痛の告白、現場新証言も


シェアする