1. ホーム
  2. 高校野球
  3. 東海 臼井、ミス取り返す大活躍/明治神宮野球大会・高岡商戦から

東海 臼井、ミス取り返す大活躍/明治神宮野球大会・高岡商戦から

高校野球 神奈川新聞  2009年11月17日 00:11

2番臼田が同点アーチを含む3安打3得点。三盗も決めるなど、随所で仕事をした。

一回に右中間へ二塁打を放ち先制の走者となると、1点を追う五回にはインコース低めの直球を強振し、左翼へスタンドイン。「自分はホームラン打者ではない。相手投手を苦しませる打撃を考えている」と話すが、公式戦初アーチはやはりうれしそうだ。

初回の中堅の守りでは捕手の二塁悪送球のカバーを誤り、同点のタイムリーエラーを犯した。反省を忘れない1年生は、「(打撃で)取り返せてよかった」とホッとした様子だった。

◎ 一二三、我慢の完投

エース一二三が我慢の完投勝利だ。

初回の先頭に与えたストレートの四球が失点につながり、「立ち上がりは前からの課題。技術は心からついてくる。まだまだ」と厳しい自己評価。だが野手の2失策で1死満塁とした四回は低めに集めて併殺でしのぎ、4安打2失点で投げ抜いた。調子は決してよくない中、結局は四死球も最初の1個だけと、悪いなりに試合をまとめる主戦らしいマウンドさばきを務めた。

次戦に向け「帝京には練習試合で打たれたイメージしかない。今の自分がどれくらい通用するのか試したい」と気合を入れていた。

【】


シェアする