1. ホーム
  2. 高校野球
  3. 東海 窮地しのぎ逆転/明治神宮野球大会

東海 窮地しのぎ逆転/明治神宮野球大会

高校野球 神奈川新聞  2009年11月17日 00:02

明治神宮野球大会第3日は16日、神宮球場などで準々決勝を行い、高校の部は5年ぶり5度目の出場となった神奈川の東海大相模(関東)は5-2で富山・高岡商(北信越)を制し、愛媛・今治西(四国)とともに準決勝に進んだ。

東海は1点を追う五回に臼田哲也(1年)のソロアーチで同点。六回に黒川達哉(2年)の適時打で勝ち越すと、七回には4番福山亮(2年)の適時三塁打などで2点を加えた。エース一(ひ)二(ふ)三(み)慎太(2年)は4安打2失点で完投し、逆転勝ちを引き出した。

東海は17日、東京・帝京との準決勝(午前8時30分開始)に臨む。

大学の部は、上武大(関東1)が延長十三回、9-8で関西国際大(関西2)を振り切った。仏教大(関西1)は大野雄が2安打完封し、九産大(九州)を2-0で破り、明大(東京六大学)はエース野村が4安打完封して愛知学院大(愛知・東海・北陸)を3-0で破った。立正大(東都)は東北福祉大(東北)にサヨナラ勝ちした。

【評】東海大相模の打線が中盤以降につながり、逆転勝ち。同点の六回には3安打で1点を勝ち越し、七回には4安打をまとめて2点を追加した。大振りせず、コンパクトに快打して計15安打を放った。エース一二三は六回以降をパーフェクトに抑え4安打2失点、自責点1で完投。守備が4失策と落ち着かない中、我慢強く投げた。

【】


シェアする