1. ホーム
  2. 神奈川県内の女性美術愛好の作品展始まる/横浜

神奈川県内の女性美術愛好の作品展始まる/横浜

神奈川新聞  2009年11月01日 21:56

個性豊かな作品が並ぶ「第49回県女流美術家協会展」=横浜市民ギャラリー
個性豊かな作品が並ぶ「第49回県女流美術家協会展」=横浜市民ギャラリー

県内の女性美術愛好家らの作品を展示した「第49回県女流美術家協会展」が1日、横浜市中区万代町1丁目の横浜市民ギャラリーで始まった。30~80代の女性が手掛けた個性豊かな油絵や日本画、立体造形など計236点が並ぶ。6日まで。入場無料。

同協会(江見絹子会長)は女性だけで組織された全国でも珍しい団体。技術向上を図ろうと年4回、研究会を開催している。同展には会員作品のほか、事前審査を通過した一般公募作品などが展示されている。

午前10時~午後6時(最終日は同4時)。問い合わせは、同協会電話090(3433)2785。

主な入賞者は以下の通り。

【県立近代美術館賞】鶴見厚子(横浜市港南区)【県女流美術家協会賞】廣川裕子(大和市)【県知事賞】浜野寿子(横浜市保土ケ谷区)【県議会議長賞】加藤節子(大和市)【横浜市長賞】小原信子(横浜市鶴見区)【県教育長賞】山村道子(鎌倉市)【横浜市教育委員会賞】玉生一江(横浜市金沢区)

【】


シェアする