1. ホーム
  2. 社会
  3. マストに4枚旗 海の男の心意気

氷川丸と日本丸、船の“名札”を引退後も掲揚
マストに4枚旗 海の男の心意気

社会 神奈川新聞  2017年05月09日 14:31

マストに掲げられた4枚の旗と金谷船長=日本郵船氷川丸
マストに掲げられた4枚の旗と金谷船長=日本郵船氷川丸

 横浜市中区の山下公園前に係留されている日本郵船氷川丸のマストに毎日、色も形も違う4枚の旗が掲げられている。よく似た旗は、みなとみらい21(MM21)地区で保存公開されている帆船日本丸にも。目立つ場所にある割に、関係者の中にもその意味を知る人は少ない存在。しかしそこには、海で働く誇り、長く活躍する船への愛情、平和な時代への願い、とさまざまな思いが込められている。

 この旗は、「信号符字(ふじ)」「船名符字」と呼ばれる。船に個別に与えられた無線交信の呼び出し符号(コールサイン)を示すもので、

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする