1. ホーム
  2. 社会
  3. 大井ひょうたん娘決まる

大井ひょうたん娘決まる

社会 神奈川新聞  2009年07月17日 00:00

大井町で開催される「大井よさこいひょうたん祭」(8月1、2日)の実行委員会は17日、祭りの”顔”としてPR活動などを行う第15代「ひょうたん娘」を発表した。

15人の応募者から書類選考と面接を経て選ばれたのは、アルバイトの田島可織さん(23)=平塚市=と、一橋大学2年の中武佑貴さん(20)=横浜市都筑区=の2人。祭りの後も1年間、町のPR大使役を務める。

小田原の高校に通っていた田島さんは「小さいころからお祭りが大好き。ひょうたん娘としてひょうたん祭に参加したい」、父親が同町の会社に勤めている中武さんは「今しかできない思い出を大井町の皆さんとつくっていきたい」と、ともに笑顔で抱負を語った。

今年が23回目の祭りは、前夜祭の1日はアンパンマンショーなどが、本祭の2日は太鼓演奏やおどりコンテスト、バンド演奏などが行われる。

【】


シェアする