1. ホーム
  2. 社会
  3. ミズチドリやクサレダマ、湿原で自生植物がみごろ/箱根

ミズチドリやクサレダマ、湿原で自生植物がみごろ/箱根

社会 神奈川新聞  2009年07月09日 00:00

湿原に夏の恵み―。箱根湿生花園(箱根町仙石原)に隣接する仙石原湿原植生復元区(2ヘクタール)で、色とりどりの自生植物が見ごろを迎えた。台ケ岳のふもとから吹く風にそよぎ、一帯を芳香で満たしている。

ミズチドリ(ラン科)、ノハナショウブ(アヤメ科)、カセンソウ(キク科)、クサレダマ(サクラソウ科)、オカトラノオ(同)などが、散策路沿いに白、黄、紫色の鮮やかなコントラストを描く。

同園が3月に火入れ、6月にヨシ刈りをして植生を守っている。いずれも今月いっぱい楽しめそう。

問い合わせは、同園電話0460(84)7293。

【】


シェアする