1. ホーム
  2. 社会
  3. 地震、津波、大雨…メールで災害情報/藤沢市

地震、津波、大雨…メールで災害情報/藤沢市

社会 神奈川新聞  2009年07月02日 00:00

藤沢市は今月20日からNTTドコモの緊急速報「エリアメール」を活用して、災害情報を配信する。地震や津波、大雨などの災害情報を無料配信し、被害を最小限に食い止める一助にする。

市によると、気象庁が湘南地域に出した警報などを、県などを通じて入手。それを基に、専用パソコンを使って災害情報をメールとして配信する。

配信するのは、津波警報・注意報や、指定河川洪水警報、避難勧告、東海地震予知情報、弾道ミサイル情報など15項目。受信できるのは市内に限られるが、市外在住者でも市内にいれば、メールを受け取れる。

例えば、市の担当者が「引地川で堤防の決壊の恐れあり。避難勧告地域は次の通り。○○地区△△小学校……」などの文章を作成して、メールで配信。警告音で受信が分かるという。

受信できるのは2007年11月以降に発売された機種で、登録が必要。08年11月以降の機種については自動的に受信できる設定になっている。市災害対策課では「一斉に配信するため、短時間で情報を知らせることができる。海水浴客など観光客らが対象になるのも大きい」と話す。

市内の利用可能者は約7万人ほど。ドコモユーザーのみだが、市は他社でも同様のサービスがスタートすれば、順次拡大するとしている。

【】


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 【写真特集】台風15号の被害状況

  2. 【台風15号】護岸崩壊、工場に海水 数百社被災か、横浜

  3. 【台風15号】停電続いた鎌倉で支援広がる 銭湯、無料も

  4. 【台風15号】浸水の工業団地、被災750棟か 横浜

  5. JR東海道線大磯駅で男性はねられ重体 1500人に影響

  6. 動画 【台風15号】陸上自衛隊が倒木撤去、鎌倉

  7. 【台風15号】県内の建物被害、15市町村に

  8. 今季初、インフルエンザで学級閉鎖 川崎の市立小学校

  9. 【台風15号】横浜港にも爪痕 浮きドックやシーバス漂流

  10. 160人のわいせつ画像撮影、提供か 動画販売業の男逮捕