1. ホーム
  2. 社会
  3. 厚木高卒業生狙う?振り込め詐欺連続

厚木高卒業生狙う?振り込め詐欺連続

社会 神奈川新聞  2009年06月16日 00:00

今月11、12の両日、県央地区で息子を装って現金をだまし取ろうとする振り込め詐欺が計4件連続発生していたことが16日、分かった。いずれも、県立厚木高校卒業生の家を狙ったもので、被害額は計500万円。大和署や海老名署などは、同窓生名簿を使った同一犯の可能性が高いとみて、警戒を呼びかけている。

大和署などによると、手口は共通しており、まず、息子を名乗る男から「携帯電話の番号を変えた」と電話があり、翌日には「友人が飲食店を開店する際に連帯保証人になった。友人が逃げたので、借金を今日中に払わないといけない」などと現金を銀行口座に振り込むよう求める電話が掛かってきたという。

大和市内では3件で計300万円がだまし取られ、海老名市では、主婦が約200万円の被害に遭った。また、金融機関の職員の機転で振り込め詐欺と分かるなどして未遂に終わった事案が計11件あった。

大和署では、被害者がいずれも1984年と1985年の厚木高校卒業生の親だったことから、同窓生名簿を悪用したものと判断。「同様の電話が掛かってきて、少しでも不審に思ったら、警察署に相談してほしい」と注意を呼びかけている。

【】


シェアする