1. ホーム
  2. 経済
  3. 今春高卒求人2・27倍 内定率「リーマン」前上回る

今春高卒求人2・27倍 内定率「リーマン」前上回る

経済 神奈川新聞  2017年04月29日 02:00

 神奈川労働局が28日にまとめた今春卒業した高校生の3月末現在の職業紹介状況は、求人倍率が前年同月比0・22ポイント増の2・27倍だった。内定率は0・4ポイント増の98・8%と6年続けて前年同月を上回り、リーマン・ショック前の2008年3月卒業者の水準(98・6%)を上回った。

 高校生の就職希望者数は1・2%増の5324人で、5262人が内定した。求人状況を産業別にみると、建設業や卸売・小売業で求人数が増加。規模別では、100~299人の企業で26・4%増となり「人手不足感が強まり、中小企業の間でも採用が活発になってきた」と同労働局の担当者。全体の求人数は11・9%増の1万2082人だった。

 同労働局は、求人倍率や内定率が高水準だったことについて「景気回復傾向や雇用の改善といった昨今の経済情勢が反映されている」と分析。若手人材の確保に向けて高校生向けの企業説明会が増えているといい「職業意識の向上が早期に図られた」との見方も示した。


シェアする