1. ホーム
  2. 社会
  3. 最先端の環境対応車、93台一挙集結/横浜

最先端の環境対応車、93台一挙集結/横浜

社会 神奈川新聞  2009年06月06日 00:00

横浜市中区の横浜赤レンガ倉庫で6日、ハイブリッド車(HV)や電気自動車(EV)、燃料電池車など最先端の環境対応車93台を一挙に展示するイベント「エコカーワールド2009」が行われた。7日も午後6時まで行われ、事前申し込みで、試乗もできる。

環境省、環境再生保全機構、横浜市の主催で今年24回目。直近の6回は連続して横浜で開催している。

同機構の担当者は「注目を集めているとはいえ、まだまだ知らない人も多い。関心のない人にも興味を持ってもらいたい」とイベント開催の趣旨を説明。市販されているハイブリッド車では、4月の新車販売首位のホンダ「インサイト」や、5月の首位トヨタ「プリウス」がひときわ注目を集めていた。

6月5日に発表された初の量産型EV「アイミーブ」もお目見え。さらに、水素から発電してモーターで動く燃料電池車など市販されていない次世代のエコカーも公開された。

都内から訪れた男性会社員(35)は「今は軽自動車に乗っている。価格や維持費を考えるとまだ高い」と話していた。

【】


シェアする