1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 男子3000は混戦模様 県中学陸上29日開幕

男子3000は混戦模様 県中学陸上29日開幕

スポーツ 神奈川新聞  2017年04月28日 14:37

 例年に比べハイレベルなのは3000メートル。9分6秒26を持つ安澤(久木)が筆頭だが、田丸(都田)や富田、和田の田奈勢なども遜色ない力を持っており、最終盤までし烈な争いを繰り広げそうだ。

 【男子
 100、200メートルは清水(原)が軸。1年時から世代をリードしており、経験値も高い。ただ100メートルでは京谷(市場)が、200メートルでは片岡(塚越)、松元(池上)も力を付けている。

 110メートル障害は200メートルとともに片岡が好調。米山(茅ケ崎)、関根(樽町)、昨年ジュニア五輪を経験した小林(奈良)も実力者だ。

 走り高跳びは昨年ジュニア五輪を経験した青木(保土ケ谷)に、山崎(茅ケ崎)が食い下がれるか。棒高跳びは既に全中標準をクリアしている2年生池田(上菅田)に期待。走り幅跳びは原田(茅ケ崎)、君島(湯河原)、柾木(宮前平)がしのぎを削る。砲丸投げは政安(山内)に岩撫(中川西)、米山(茅ケ崎)が対抗する。

 【女子
 短距離種目は佐藤(羽鳥)、アルバレス(南林間)が争う。100メートルで12秒52の佐藤が一歩リードか。200メートルでは武田(中川西)、舛永(田奈)の2人が追い掛ける。800メートルは昨年全中に出場した岡本(川崎橘)が抜けている。

 100メートル障害は持ちタイムでは昨年の中学2年ランキングで全国5位の若松(湘洋)がトップに立つものの、頼安(塚越)も昨年のジュニア五輪4位と実績十分。走り高跳びは安西(厚木玉川)、橘(山内)、小笠原(茅ケ崎)の三つどもえだ。砲丸投げは池野(茅ケ崎)がリードする。


シェアする