1. ホーム
  2. 経済
  3. 【動画】国内最大級のコンテナ船「さがみ」が初入港/横浜

【動画】国内最大級のコンテナ船「さがみ」が初入港/横浜

経済 神奈川新聞  2013年11月28日 23:28

横浜港に28日、国内最大級の内航コンテナ船「さがみ」(2446トン)が初入港した。北海道・苫小牧、青森・八戸、宮城・仙台を結ぶ定期航路として就航し、横浜港に貨物を集約。大型化で輸送コストの低減が期待でき、国際貿易港・横浜港の集荷力を強化する取り組みとして注目されている。

さがみは国内最大手の内航船会社、井本商運(神戸市)が運航。今年進水したばかりの新造船で、全長約110メートル、幅約17メートル。20フィートコンテナ換算で約400本を一度に積載できる能力を持つ。

集められた貨物は、横浜港南本牧ふ頭で国際コンテナ船に載せ替えて欧州などに運ばれる。これまでは運賃コストの安い韓国・釜山港経由で欧米に輸出してきたが、国による港湾強化施策「国際コンテナ戦略港湾」に基づき、横浜港への集荷を促進して釜山経由からの“奪還”を図る狙いがある。就航経路は国土交通省のモデル事業として認定されている。

この日行われた記念式典で、市港湾局の中島泰雄局長が「さがみの就航は横浜港の新しい時代を切り開くことと期待している」と歓迎した。

この日、さがみは南本牧ふ頭を出港後、大さん橋にも寄港。客船ターミナルにコンテナ船が着岸するのは珍しいという。

【】


シェアする