1. ホーム
  2. 政治行政
  3. 小児医療費の無料化対象、小学3年生まで拡充へ/横須賀市

小児医療費の無料化対象、小学3年生まで拡充へ/横須賀市

政治行政 神奈川新聞  2013年11月22日 22:33

横須賀市は来年4月から、現行で小学2年生までとなっている小児医療費の無料化対象を、小学3年生までに拡充することを決めた。26日に開会する市議会の第4回定例会に関連の条例改正案などを提出する。

10月に未就学児までから小2までへと広げたばかりだが、吉田雄人市長は6月の市長選で小6までへの段階的な引き上げを追加的に公約。再選後の9月の市議会でも、「子育て世代から強く求められ、人口減少抑制を考えたときに比べられやすい政策。優先順位を高く考えねばならない」と意欲を示していた。

小3までへの引き上げに必要な財源は推計で年8400万円。市長は今任期中に公約通りの拡充を目指す意向を示している。

第4回定例会にはまた、8月下旬の火災で焼損した猿島公園(横須賀市猿島)の施設の復旧費用(1億5800万円)、今秋の台風で被災した北下浦漁港8号船揚場(同市野比)の復旧工事費(7100万円)などを計上した一般会計補正予算案も提案する。

横浜横須賀道路の横須賀パーキングエリア周辺に新設予定のスマートインターチェンジ(ETC=自動料金収受システム=搭載車両限定)の許可申請に必要な予備設計など関連経費(1500万円)も補正予算案に盛り込む。

横須賀市は来年4月から、現行で小学2年生までとなっている小児医療費の無料化対象を、小学3年生までに拡充することを決めた。26日に開会する市議会の第4回定例会に関連の条例改正案などを提出する。

10月に未就学児までから小2までへと広げたばかりだが、吉田雄人市長は6月の市長選で小6までへの段階的な引き上げを追加的に公約。再選後の9月の市議会でも、「子育て世代から強く求められ、人口減少抑制を考えたときに比べられやすい政策。優先順位を高く考えねばならない」と意欲を示していた。

小3までへの引き上げに必要な財源は推計で年8400万円。市長は今任期中に公約通りの拡充を目指す意向を示している。

第4回定例会にはまた、8月下旬の火災で焼損した猿島公園(横須賀市猿島)の施設の復旧費用(1億5800万円)、今秋の台風で被災した北下浦漁港8号船揚場(同市野比)の復旧工事費(7100万円)などを計上した一般会計補正予算案も提案する。

横浜横須賀道路の横須賀パーキングエリア周辺に新設予定のスマートインターチェンジ(ETC=自動料金収受システム=搭載車両限定)の許可申請に必要な予備設計など関連経費(1500万円)も補正予算案に盛り込む。

【】


シェアする