1. ホーム
  2. 政治行政
  3. 鎌倉市長選:選挙戦スタート、市政課題めぐり舌戦/神奈川

鎌倉市長選:選挙戦スタート、市政課題めぐり舌戦/神奈川

政治行政 神奈川新聞  2013年10月20日 23:10

任期満了に伴う鎌倉市長選が20日告示され、27日の投開票まで1週間の選挙戦がスタートした。名乗りを上げたのは、いずれも無所属の新人岩田薫氏(60)と現職松尾崇氏(40)。両氏は冷たい雨が降る街頭に立ち、熱い思いを訴えた。

=届け出順

岩田薫氏(60)

「ごみ負担増 止める」

ごみ問題を最大の争点にしたいと思っている。

松尾候補が掲げる家庭系ごみの戸別収集は、今より約5億2千万円経費が増し、ごみ袋も有料化される。市民の負担になるこの計画を止めたい。新焼却施設の整備を急ぎ、その間は他自治体に燃やしてもらう方が経費は掛からない。

世界遺産で「不登録」となった理由にあるように、鎌倉の緑が失われている。乱開発を止めるため、どこよりも厳しい規制条例を作る。教育や高齢者福祉など、住みよい町に変えると約束する。(JR鎌倉駅西口)

松尾崇氏(40)

「戸別・有料化で減量」

1期4年、次世代に負担を先送りしない市政へ全力で取り組んできた。

大きな争点としてごみ問題が挙げられているが、ごみそのものの量を減らすことが重要だ。大量生産・大量消費ではなく、足るを知り、一致団結して取り組まなければならない。そのための手段が戸別収集・有料化だ。市民一人一人に危機感を共有してもらいたい。

就任後、さまざまな批判を受けたが、わたしは鎌倉のために体を張って全身全霊で戦っていきたい。皆さまと、このまちをつくっていきたい。(JR大船駅東口)

【】


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 0歳が頭部骨折 車衝突に巻き込まれ母子が重軽傷 相模原

  2. 動画 【台風19号】川崎の大規模浸水、2つの原因浮上

  3. 高校野球秋季関東大会 東海大相模、来春のセンバツ確実に

  4. 【台風19号】インフラ寸断、温泉打撃… 箱根に災禍再び

  5. 高校野球秋季関東大会 桐光、準決勝進出を逃す

  6. 宮ケ瀬ダム放流開始 国交省、台風20号接近に備え

  7. 高校野球秋季関東大会 県勢2校、21日準々決勝 東海は習志野、桐光は桐生第一

  8. 【写真特集】台風19号 神奈川各地の状況

  9. 【台風19号】横浜港でも被害 海づり施設、氷川丸デッキ

  10. 【台風19号】城山ダム緊急放流、二転三転 下流域は混乱