1. ホーム
  2. 社会
  3. 動物たちも驚く?無人運転バス発進 横浜市とDeNAが実証実験

動物たちも驚く?無人運転バス発進 横浜市とDeNAが実証実験

社会 神奈川新聞  2017年04月25日 02:00

横浜市とDeNAが連携し、実証実験を行う無人運転バス。障害物との距離に応じて自動的に減速、停車する=横浜市金沢区の金沢動物園
横浜市とDeNAが連携し、実証実験を行う無人運転バス。障害物との距離に応じて自動的に減速、停車する=横浜市金沢区の金沢動物園

 少子高齢化で交通弱者対策が課題となる中、横浜市とディー・エヌ・エー(DeNA)は24日、無人運転サービスや人工知能(AI)を使って解決を目指すプロジェクトを始めた。私道での自動運転バス実証実験を進めた上で、交通事業者とも連携し将来的には公道での無人自動運転サービス化を目指す。27、28日には金沢動物園(同市金沢区)で一般向けに試乗イベントを実施する。

 プロジェクトは、両者が3月に締結した包括連携協定の一環。市は革新技術でビジネスを創出し、市内経済の成長や社会課題解決につなげる産官学の取り組み「I・TOP横浜」などに基づき、まちづくりや交通計画などに取り組む。


ベビーカーや車いす利用者用の可動式スロープも備えた無人運転バス=金沢動物園
ベビーカーや車いす利用者用の可動式スロープも備えた無人運転バス=金沢動物園

 同社の自動運転バス「ロボットシャトル」はフランス製で12人乗り。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする