1. ホーム
  2. カルチャー
  3. 無病息災願い双盤念仏披露 大和・薬王院

無病息災願い双盤念仏披露 大和・薬王院

カルチャー 神奈川新聞  2016年09月09日 02:00

保存会メンバーがかねと太鼓を奏でながら念仏を唱える双盤念仏=薬王院(大和市提供)
保存会メンバーがかねと太鼓を奏でながら念仏を唱える双盤念仏=薬王院(大和市提供)

 無病息災と家運隆昌を願う「双盤(そうばん)念仏」が大和市上和田の薬王院で7、8の両日、披露された。地元保存会がかねと太鼓を奏でながら、念仏を唱えた。

 本尊の薬師如来の縁日である9月8日とその前日に、毎年続けられている。鎌倉市の光明寺から江戸時代に伝わったとされ、大和市の重要無形文化財に指定されている。

 眼病に効能があると伝わる「薬師ショウガ」も販売され、参拝者が買い求めていた。


シェアする