1. ホーム
  2. 社会
  3. 沖合で発見の頭蓋骨、行方不明の専門学校生と判明/横須賀

沖合で発見の頭蓋骨、行方不明の専門学校生と判明/横須賀

社会 神奈川新聞  2013年08月02日 23:40

横須賀海上保安部(横須賀市)は2日、同市の猿島の沖合で発見された頭蓋骨が、7月5日に付近で手こぎボートが流され、行方不明になっていた同市在住の専門学校生の少年(18)であることがDNA鑑定で判明した、と発表した。

同保安部によると、頭蓋骨は7月25日、猿島北側の沖約3キロの海上で漁船が巻き上げた底引き網の中から見つかった。同保安部で一時保管し、東海大学医学部に鑑定を依頼していた。

【】


シェアする