1. ホーム
  2. 話題
  3. 優勝目指して熱戦 三浦半島少年野球大会が開幕

優勝目指して熱戦 三浦半島少年野球大会が開幕

話題 神奈川新聞  2017年04月24日 02:00

選手宣誓をする逗子オリーブスの主将=三浦市初声町下宮田の潮風スポーツ公園野球場
選手宣誓をする逗子オリーブスの主将=三浦市初声町下宮田の潮風スポーツ公園野球場

 横須賀、三浦、鎌倉、逗子、葉山の4市1町の子どもたちによる「神奈川新聞社旗争奪三浦半島少年野球大会」が23日、三浦市初声町下宮田の潮風スポーツ公園野球場で開幕した。市学童野球連盟の主催で40回目。5月3日までの間、子どもたちが優勝目指して熱戦を繰り広げる。

 大会には24チーム約480人の子どもたちが出場。同公園や市内の小学校を会場にトーナメント形式で行われる。

 開会式で同連盟の会長(72)は「おかげさまで40回を迎えることができた。選手は実力を大いに発揮し、頂点を目指して頑張ってほしい」とあいさつ。選手を代表して、逗子オリーブスの主将(11)が「家族や仲間、監督、コーチ、開催者への感謝の気持ちを胸に、最後まで戦い抜くことを誓います」と力強く宣誓した。

 この日は市内3会場で1回戦を実施。子どもたちは元気いっぱいに白球を追い、観客らからは拍手や声援が送られた。


シェアする