1. ホーム
  2. 政治行政
  3. 川崎市長選:阿部市長「民主単独候補立てられない」、参院選結果受けて/神奈川

川崎市長選:阿部市長「民主単独候補立てられない」、参院選結果受けて/神奈川

政治行政 神奈川新聞  2013年07月23日 22:39

川崎市の阿部孝夫市長は23日の定例会見で、参院選の結果による10月の川崎市長選への影響について「民主党系で単独候補者はもう立てられない状態」との見通しを示し、「自民、公明の路線が強くなる」と述べた。

参院選について「自民党が強かった。この結果で大事な政策が進んでくれればいい」と期待を寄せた。一方で、地方分権の推進には「ちょっと心配」と話し、参院選前に全国知事会や全国市長会が各党に地方分権への賛否や政策を事前にチェックしていない点を挙げ、「市長会が求めている地方分権をやってくれるかどうか」と懸念を示した。

神奈川選挙区の結果について「自民票が特別増えたわけでない。それが圧勝に見えるのが異常」と論評。「松沢(成文)さんがいろんなところから票を取った。一番被害受けているのが民主党だ。落選したが共産党は大健闘」と総括した。

市長選への影響については「前回、私が孤立してしまい、民主党は強気で候補者が出ていた。しかし、今回は民主党系候補者は厳しいと思う」と話した。

【】


シェアする