1. ホーム
  2. 社会
  3. 箱根でノハナショウブ見ごろ、深紫の花2万株/神奈川

箱根でノハナショウブ見ごろ、深紫の花2万株/神奈川

社会 神奈川新聞  2013年06月30日 22:40

箱根町仙石原の町立箱根湿生花園と、隣接する仙石原湿原植生復元区で、ノハナショウブが見ごろを迎え、多くの入場者の目を引いている。

ノハナショウブはアヤメ科の多年草。かつて仙石原湿原の一面に咲き誇り、「紫のカーペット」などとも形容されたという。

近年は、園内では約2万株がりんとした深紫の花を咲かせており、今が開花のピーク。来園者は「色がきれい」「鮮やかね」などと話しながら、記念撮影に興じていた。

同園は「あと1週間ほど楽しめるのでは」と話している。

午前9時~午後5時。中学生以上700円、小学生400円。問い合わせは同園電話0460(84)7293。

【】


シェアする