1. ホーム
  2. 社会
  3. ほうきや雑巾の掃除を先生が学ぶ、市教委が寺子屋講座/厚木

ほうきや雑巾の掃除を先生が学ぶ、市教委が寺子屋講座/厚木

社会 神奈川新聞  2013年06月29日 22:31

雑巾の縦絞りのやり方を確認し合う教諭ら=厚木市寿町の市立厚木小学校
雑巾の縦絞りのやり方を確認し合う教諭ら=厚木市寿町の市立厚木小学校

学校の掃除を通じて、子どもたちの力を伸ばすことにつなげようと、厚木市立小中学校の教諭らが29日、同市寿町の市立厚木小学校で専門家から掃除のポイントを学んだ。市教育委員会教育研究所が希望者向けに開いた「先生のための寺子屋講座」で約60人が参加した。

講師は、清掃用具レンタル・販売のダスキン社員、藤原玲子さんと草野悦子さん。藤原さんらは「家庭では電気掃除機を使うことがほとんどなので、ほうきを使ったことがない子どももいる」と説明。その上で、「ごみが多い教室の隅の方から真ん中に向けて、ほうきでほこりを舞い上げないよう押さえつけるようにはく」と解説した。

雑巾の使い方では、「手を前後に並べて内側に絞る『縦絞り』が力を入れやすい。綱引きの綱を持つようにして絞る、と教えると子どもにも伝わる」「雑巾を四つ折りにして手のひら程度の大きさにした方が、均等に力が入り、きれいな面で8回ふける」などと具体的に教えた。

高沢崇同研究所長によると、教諭らは大学で授業について学んでも、掃除を学ぶ機会はほとんどないという。参加した男性教諭は、「今まであいまいな教え方だったので、雑巾の絞り方など子どもたちにしっかりと教えたい」と話していた。

【】


シェアする