1. ホーム
  2. 社会
  3. 関係者21日にも処分 原発いじめで横浜市教委

関係者21日にも処分 原発いじめで横浜市教委

社会 神奈川新聞  2017年04月21日 02:00

 東京電力福島第1原発事故で横浜市に自主避難した男子生徒(13)がいじめを受けた問題で、市教育委員会は21日にも、対応に関わった教職員を戒告などの懲戒処分とする方針を固めた。林文子市長は岡田優子教育長を文書などで注意する方針。

 処分の対象は、当時の学校管理職や学校教育事務所の担当者ら7人前後とみられる。

 市教委は再発防止策をまとめる中で、生徒に当時対応した校長ら学校関係者から聞き取りを実施。3月24日には教諭らが生徒や保護者と面会して謝罪した。今月10日の市会常任委員会では岡田教育長が「組織の秩序維持の観点から関係職員の処分をできるだけ早い時期に実施する」との考えを示していた。

 教育長は特別職のため、地方公務員法で定める懲戒処分の適用外となり、処分に類する人事的措置として文書などでの注意となる見通し。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. ブルーライン延伸、有力ルート案に市民意見募集へ 川崎市

  2. 横須賀市内で5900軒停電

  3. ロマンスカーにはねられ、女性死亡 厚木市内の踏切

  4. 「裏横浜」にようこそ 10月にツアー、参加者募集

  5. 稲村ケ崎海岸の沖合に女性遺体 鎌倉署が身元など捜査

  6. 【写真特集】台風15号の被害状況

  7. 破天荒が4連覇 相模原でよさこいイベント 45チームが熱演

  8. サーファー男性が溺れて死ぬ 鵠沼海岸

  9. 水没車引き上げ作業中に死亡 ワゴン車と乗用車に挟まれる

  10. 【台風15号】ボランティア活動開始 横浜の工業団地