1. ホーム
  2. 社会
  3. 逗子市議を在宅起訴 同僚にわいせつ行為

逗子市議を在宅起訴 同僚にわいせつ行為

社会 神奈川新聞  2017年04月21日 02:00

 同僚の女性市議(54)にわいせつな行為をしたとして、横浜地検は20日、逗子市の毛呂武史市議(49)=同市小坪=を強制わいせつの罪で在宅起訴した。毛呂被告は一貫して行為を否認していたが、地検はその場に駆け付けた別の市議らの証言などから罪に問えると判断したもようだ。

 毛呂被告は同日、市内で神奈川新聞社の取材に応じ、「冤罪(えんざい)であり、不当起訴。何年かかろうが、徹底的に応訴する」などと話した。

 起訴状などによると、毛呂被告は昨年3月23日夜、逗子市内のカラオケボックスで、女性市議を部屋の外に呼び出し、無理やりキスをするなどした、とされる。

 この日は閉会した市議会定例会の打ち上げとして飲み会が催され、毛呂被告と女性市議を含む複数の市議が参加。カラオケボックスには2次会で訪れていた。女性市議は車で参加し、酒を飲んでいなかった。

 その後、女性市議には睡眠障害やうつの症状などが現れ、心的外傷後ストレス障害(PTSD)と診断され、昨年4月に毛呂被告を強制わいせつ容疑で県警に刑事告訴。県警が昨年9月に書類送検していた。

 毛呂被告は2002年に初当選し、副議長や議会運営委員長などを務め、現在4期目。12年には衆院選に立候補して落選した。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 40代男性がはしかに感染 横浜

  2. 伊勢丹相模原店跡、複合ビル建設を検討 野村不と売買交渉

  3. ロマンスカー車内でわいせつな行為・小田急車掌を逮捕/神奈川

  4. 横須賀市内で5900軒停電

  5. 横浜高島屋が開店60周年 鳩サブレー缶など限定販売

  6. 動画 はっけよい…ぎゃー! 比々多神社で泣き相撲

  7. 稲村ケ崎海岸の沖合に女性遺体 鎌倉署が身元など捜査

  8. 閉店セール、開店前に行列も 伊勢丹相模原店

  9. 【写真特集】台風15号の被害状況

  10. 保育園埋設の放射性汚染土問題 横浜市が保護者に相談会