1. ホーム
  2. 政治行政
  3. 横浜市長選:林氏が出馬を正式表明

横浜市長選:林氏が出馬を正式表明

政治行政 神奈川新聞  2013年06月10日 23:04

横浜市の林文子市長(67)が10日、任期満了に伴う8月25日投開票の横浜市長選への出馬を正式表明した。経済界の有志らでつくる「林市長の再選を目指す横浜市民の会」からの立候補の要請を受け、無所属で出馬する。自民党市連は正式要請を受けた上で、推薦を決定する方針。公明党も推薦するとみられる。民主党も市議団内で推薦方針を決めており、市会主要3会派の推薦を受ける形で再選を目指すことになりそうだ。

10日に市内で会見した林氏は、「横浜にはまだ課題が山積している。やり遂げたいことがまだある」と立候補への決意を表明した。

林氏は「超高齢化社会が控えている。高齢者に安心して住み続けてもらえる横浜にしなければならない。同時に、郊外部の活性化を図る必要がある。防災・減災対策も重要だ」と課題を挙げた上で、「骨太のまちづくり戦略の中での経済成長を2期目でも継続させ、横浜の将来を夢のあるものにしたい」と続投への意気込みを語った。

また、林氏は自身の主張として「市民のくらし満足度オールナンバーワン宣言」を掲げ、子育てや高齢者への支援、郊外部の活性化、防災対策、都心部の機能強化など8項目の「実行宣言」を示した。具体的な政策は今後発表する方針。

林氏はダイエー会長、日産自動車執行役員、東京日産自動車販売社長などを経て、2009年、中田宏氏の辞職に伴う市長選に民主党の推薦で出馬。自民・公明両党の支援する候補に競り勝った。

市長選にはこれまで元市議で無所属の柴田豊勝氏(66)=共産党推薦=が出馬を表明している。また、みんなの党が候補者を公募している。

【】


シェアする