1. ホーム
  2. 社会
  3. 逗子海岸海の家、騒音苦情で営業時間30分短縮/神奈川

逗子海岸海の家、騒音苦情で営業時間30分短縮/神奈川

社会 神奈川新聞  2013年06月05日 23:09

逗子海水浴場の騒音を軽減しようと、今年から海の家の営業時間が昨年より30分早い午後8時半までに短縮される。新たにラストオーダーというルールも取り入れられ、午後8時に食べ物や飲み物の注文ができなくなる。

逗子海岸に設置される逗子海水浴場の遊泳区域は約600メートル。遊泳できるのは6月28日から9月1日まで。今年は海の家40軒が建てられ、うち8軒がライブハウスの予定となっている。

逗子市によると、海水浴客数は2009年が約24万人だったが、10年に70万人に急増。11年は天候不順の影響で約53万人に減ったが、昨年は再び約73万人に回復した。

6、7年ほど前から増え始めたライブハウスや、海の家の外観や食事が“おしゃれ”に進化したことも集客効果を高めたとみられるものの、海水浴客の増加に従って騒音に対する苦情も増加した。

このため、ライブやBGMの演奏は11年が午後8時45分まで、昨年は同8時半まで、と年々短縮されてきた。ところが、騒音苦情が目に見える形で減らないことから、今年はさらに同8時15分までに短縮するだけでなく、午後9時までとしてきた夜の営業時間も同8時半までに短縮。食べ物や飲み物を頼むラストオーダーのルールを新たに取り入れ、同8時に設定した。

市は「終業時間を厳格化するため、新たにラストオーダーを取り入れた」と説明している。

【】


シェアする