1. ホーム
  2. 社会
  3. 【動画】自然や風感じて、来月開業の大型商業施設を公開/横浜

【動画】自然や風感じて、来月開業の大型商業施設を公開/横浜

社会 神奈川新聞  2013年05月29日 00:31

報道関係者などに一部公開された「MARK IS みなとみらい」。正面入口は開放的な吹き抜け構造になっている=横浜市西区
報道関係者などに一部公開された「MARK IS みなとみらい」。正面入口は開放的な吹き抜け構造になっている=横浜市西区

横浜・みなとみらい21(MM21)地区で6月に開業する大型商業施設「MARK IS(マークイズ)みなとみらい」が28日、報道陣に先行公開された。三菱地所が開発を手掛けた同地区最大規模の商業施設。セガと英国のBBCワールドワイドリミテッドによる体験型エンターテインメント施設を核テナントに飲食、衣料品、サービスなどの全189店舗で構成する。

場所はMM21地区・34街区に位置し、横浜美術館の向かい。地下4階、地上6階建てで、店舗面積は約4万3千平方メートル。地下4階は横浜高速鉄道みなとみらい駅と直結している。開業は6月21日予定。「工事は99%終了し、現在は最終の手直しをしている段階」(三菱地所)という。

建物は、見る人に圧迫感がないよう凹凸のある外壁デザインとした。地上1~4階を吹き抜け空間とし、屋上には果樹園と菜園(計約千平方メートル)を設置。県オリジナルのかんきつ「湘南ゴールド」などを栽培し、収穫体験などのイベントも計画していくという。26店舗の飲食店が集まる地上4階では各店がテラス席を設け、MM21地区の外観を一望できるようにした。

報道陣向けの説明会で、三菱地所の担当者は「建物からも(周辺の)緑が見えるよう工夫した。ふとした瞬間に自然や風を感じてもらえたら」と話していた。

【】


シェアする