1. ホーム
  2. 社会
  3. 地産地消をPR 各地の美味堪能、26日まで「収穫祭」/横浜

地産地消をPR 各地の美味堪能、26日まで「収穫祭」/横浜

社会 神奈川新聞  2013年05月25日 22:42

歩行者天国となった日本大通り会場ではテレビ収録なども行われた「収穫祭」=横浜市中区
歩行者天国となった日本大通り会場ではテレビ収録なども行われた「収穫祭」=横浜市中区

県産食材などの地産地消をPRするイベント「2013秋じゃないけど収穫祭」が25日、横浜市中区の日本大通りや象の鼻パークで開かれた。tvk、日本大通り活性化委員会の主催で7回目。イベントは26日も行われる。

約110のブースが軒を連ね、横浜市内で栽培された野菜や相模湾の海産物、小田原おでんなどを販売。県内にとどまらず、東北や四国、関東近県などの食材、加工品も並び、多くの人でにぎわった。

東日本大震災をきっかけに、3回目の出展となった宮城県気仙沼市の大島をPRするブースでは、名産の椿(つばき)油やクリームサンドなどを買い求める人で盛況だった。

このほか、トークショーやお笑い芸人のライブ、環境問題を考えるアニメ上映会など、多彩な催しが行われた。

友人と訪れた横浜市鶴見区の男性会社員(34)は「試食や試飲を楽しみながら、いい商品があるとついつい買ってしまう。イベントも充実していてうれしい」と横浜ビールを片手に堪能している様子だった。

【】


シェアする