1. ホーム
  2. 政治行政
  3. 南本牧ふ頭MC-4 新規事業4億5千万円、13年度予算成立で/横浜

南本牧ふ頭MC-4 新規事業4億5千万円、13年度予算成立で/横浜

政治行政 神奈川新聞  2013年05月16日 23:14

国土交通省は16日、2013年度予算の成立を受けて主要事業の予算配分を発表し、県内分では横浜市中区の南本牧ふ頭MC-4コンテナターミナルの新規事業化に4億5千万円を計上した。

南本牧ふ頭では国内最大級の水深があるMC-1、MC-2が運用されている。MC-4は建設中のMC-3と連続した高規格コンテナターミナルを整備するもので、完成すればふ頭全体で効率的な運用が可能になる。初年度は調査・設計、しゅんせつなどを行い、18年度の完成を目指す。

梶山弘志国土交通副大臣は同日、視察のため訪れた南本牧ふ頭で記者団に「コンテナ船が大型化していく中で日本でも受け入れ施設が必要。(MC-4の新規事業化は)やるべきことだ」と話した。

安倍晋三首相が14日の参院予算委員会で、日本の主要港湾をアジアのハブ(拠点)港として育成することを「(政府が6月にまとめる)成長戦略の重要な柱になる」との考えを示したことについて、梶山副大臣は横浜港を含む京浜港や阪神港などを念頭に「アベノミクスをやっていく中でハブ港の整備が必要。そこが中心になればおのずと景気が良くなる」と語った。

【】


シェアする