1. ホーム
  2. 社会
  3. 特産の葉タバコ運んだ軽便鉄道 100周年記念し写真展/秦野

特産の葉タバコ運んだ軽便鉄道 100周年記念し写真展/秦野

社会 神奈川新聞  2013年05月10日 11:32

軽便鉄道の車両や駅舎などがパネルで紹介されている写真展=秦野市立南公民館
軽便鉄道の車両や駅舎などがパネルで紹介されている写真展=秦野市立南公民館

明治後期から昭和初期にかけて秦野と二宮を結び、秦野特産の葉タバコなどを運んだ「軽便鉄道」を紹介する「はだの史・発見展『写真で見る軽便鉄道』」が30日まで、秦野市今泉の市立南公民館で開かれている。

軽便鉄道の動力が馬車から蒸気機関車に代わって今年で100周年の節目を迎えることにちなんだ市の記念事業。市史資料室が所蔵する写真パネル約40点を展示している。

煙突の先がラッキョウの形になっている機関車や、最大幅1・7メートルと狭い客車内部、二宮にあった運行会社の社屋などを紹介。このほか、軽便鉄道を使って撮影された映画「若い青春」の一場面、市内外に現存する道標や記念碑の写真も展示している。

市史資料室の担当者は「軽便鉄道は秦野の発展に大きく貢献した。展示を通じて秦野市の歴史に対する関心を高めて、理解を深めてほしい」と話している。

入場無料。午前8時半から午後5時まで。期間中は20日のみ休館。

【】


シェアする