1. ホーム
  2. 政治行政
  3. 横浜市長選に共産推薦・柴田元市議が出馬を表明/神奈川

横浜市長選に共産推薦・柴田元市議が出馬を表明/神奈川

政治行政 神奈川新聞  2013年05月02日 22:56

市民団体「市民の市長をつくる会」代表委員で、元横浜市議の柴田豊勝氏(66)=横浜市神奈川区羽沢町=が2日、8月25日投開票の横浜市長選への出馬を表明した。同会が擁立し無所属で出馬、共産党が推薦する。同市長選での出馬表明は柴田氏が初めて。

2日に市内で会見した柴田氏は「中学校給食の未実施、5千人もの特別養護老人ホームの待機者など横浜の行政水準の立ち遅れは深刻。人が大切にされるまちをつくりたい」と出馬の決意を表明。「環状道路や南本牧の埋め立て、新市庁舎整備など大型公共事業が横浜ではまだ続いている。多大な借金を背負うこのような状況を続けていいのか」と現市政を批判した。

柴田氏は秋田県出身で町立中学校卒。食品会社勤務などを経て、1991年から2007年までの間に横浜市議(共産)を3期務めた。現在、横浜東民主商工会顧問などを務めている。

同市長選をめぐっては、みんなの党が候補擁立の方針を示しており、林文子市長は再選に向けた出馬について態度を明らかにしていない。

【】


シェアする