1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 陸上県中学選手権:高橋(田奈)が大会新V女子砲丸投げ、メンタル鍛え全中2冠狙う

陸上県中学選手権:高橋(田奈)が大会新V女子砲丸投げ、メンタル鍛え全中2冠狙う

スポーツ 神奈川新聞  2013年04月28日 11:54

女子砲丸投げの大会記録を大きく更新して優勝した高橋(田奈)=三ツ沢陸上競技場
女子砲丸投げの大会記録を大きく更新して優勝した高橋(田奈)=三ツ沢陸上競技場

女子砲丸投げで、田奈の高橋が大会記録を65センチ上回る14メートル76で優勝。「ことしは何がなんでも優勝」と意気込む夏の全国中学大会(全中)に向け、会心のスタートを切った。

別格の強さだ。2投目で14メートル36を投げ、大会記録と昨夏マークした自己ベスト(14メートル33)を更新。3投目でさらに上乗せすると、少しだけ表情を緩めた。

「本当は笑いたかったけど、みんな見ていたから。それにもう少しいけると思った」。練習では14メートル92を投げており、こんなもんじゃないと言わんばかりだ。

抜群のばねの強さを持ち、昨夏の県大会で四種競技の県中学記録(2832点)をマーク。しかし、続く全中は砲丸投げが12メートル21で予選落ち、四種も20位と振るわなかった。その理由を「力は絶対にあるのに、新しい競技場や違う土地に行くと緊張してしまう。メンタルの弱さ」と分析する。この冬は下半身強化に加え、山梨県で行われた関東選抜合宿に参加するなどして、見知らぬ環境への適応に努めてきた。

「このままもっとメンタルを強くして、全中で2冠を取る」。今季初の大会を快勝で飾り、高らかに宣言した。

【】


シェアする