1. ホーム
  2. 経済
  3. 国内最大ターミナル誕生、南本牧ふ頭MC-3 借受者に三菱倉庫/神奈川

国内最大ターミナル誕生、南本牧ふ頭MC-3 借受者に三菱倉庫/神奈川

経済 神奈川新聞  2013年04月25日 22:31

横浜港を管理する横浜港埠頭会社(横浜市中区)は25日、同区の南本牧ふ頭に2014年末に完成するMC-3コンテナターミナルの借受予定者が三菱倉庫(東京)に決まったと発表した。

同社はコンテナ取り扱い業務を担っている同ふ頭のMC-1、2と一体的に運営する方針で、これにより年間150万本ものコンテナを扱うことができる国内最大のコンテナターミナルとなる。

埠頭会社が外貿定期航路事業者、一般港湾運送事業者を対象に公募していたもので、複数の企業から提案があった。そのうち三菱倉庫は利用計画や一体的運営、超大型船の受け入れなどの面で評価が最も高かった。

MC-1、2は大手外航コンテナ海運業者のマースクライン社が借り受けているが、いずれも三菱倉庫がコンテナ貨物取り扱い業務を一括して引き受けている。同社は「MC-1、2の荷役能率は世界屈指のレベルを誇る。高い物流品質をMC-3にも展開することで高効率のコンテナターミナル業務を拡充するとともに、国内の物流事業の基盤強化を図りたい」(広報室)とコメント。南本牧ふ頭を主な拠点に港湾運送事業を拡大する方針だ。

MC-3が完成すれば面積約20万平方メートル、岸壁延長約440メートル。大型のガントリークレーン4基を備えることができる。一方、MC-1、2の面積は約35万平方メートル、岸壁延長750メートル。単純合算すれば総面積は約55万平方メートル、岸壁は総延長1190メートルとなる。

横浜港は国の港湾強化施策「国際コンテナ戦略港湾」に指定されている。国は南本牧ふ頭の集中整備や合理的・効率的な港湾経営を促すことなどで、世界的なコンテナ物流をめぐる日本の国際競争力を高める。

【】


シェアする