1. ホーム
  2. 話題
  3. 地元ボランティアが運転 横浜・都筑区、地域巡回バス実証運行へ

地元ボランティアが運転 横浜・都筑区、地域巡回バス実証運行へ

話題 神奈川新聞  2017年04月18日 02:00

地域住民らによって行われた都田・池辺地区ボランティアバス発進式=ららぽーと横浜
地域住民らによって行われた都田・池辺地区ボランティアバス発進式=ららぽーと横浜

 横浜市都筑区の都田・池辺地区で、地元のボランティアが運転や車両の維持を担う地域巡回バスの実証運行が5月8日から始まる。両地区内には道が細くて路線バスが通れない箇所が多く、高齢者や子育て世代を中心に移動手段が課題になっていたことから、昨年1月から両地区の連合町内会などが検討を進めてきた。

 ルートは、都田地区(約7・5キロメートル)が15カ所の停留所を33分かけて、月・木曜日に運行。池辺地区(約9・6キロメートル)は20カ所の停留所を46分かけて、火・金曜日に運行し、それぞれ1日5便。車両は普通免許で運転できる8人乗りワゴン車で、同地区で工事を行う横浜環状北西線建設関連企業が地域貢献として提供した。

 乗車は無料だが、利用対象は高齢者や子育て世代など日中の移動に不便を感じている地区内住民で、事前登録が必要。停留所は病院やスーパーのほか、市営地下鉄都筑ふれあいの丘駅や仲町台駅近くの地区センターなどにも設置し、地域の交通利便性向上を図る。

 運転と添乗員は両地区ともに70代前後の住民10人ほどがボランティアで担う。試験期間は2018年度末まで。地域住民による実証運行は緑区山下地区に次いで2例目。

 17日には地区内にあるららぽーと横浜(都筑区池辺町)で地域住民らによる発進式が行われた。バスを運行する都田・池辺地区ボランティアバス協議会の会長(69)=同区東方町=は「高齢者や子育て世代がバスを通じて交流し、地域活性化にもつながれば」と話していた。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 【写真特集】台風15号の被害状況

  2. 【台風15号】護岸崩壊、工場に海水 数百社被災か、横浜

  3. 【台風15号】停電続いた鎌倉で支援広がる 銭湯、無料も

  4. 【台風15号】浸水の工業団地、被災750棟か 横浜

  5. JR東海道線大磯駅で男性はねられ重体 1500人に影響

  6. 動画 【台風15号】陸上自衛隊が倒木撤去、鎌倉

  7. 【台風15号】県内の建物被害、15市町村に

  8. 今季初、インフルエンザで学級閉鎖 川崎の市立小学校

  9. 【台風15号】横浜港にも爪痕 浮きドックやシーバス漂流

  10. 160人のわいせつ画像撮影、提供か 動画販売業の男逮捕