1. ホーム
  2. 社会
  3. 相模原署員をわいせつで逮捕、交番訪れた女性に/神奈川

相模原署員をわいせつで逮捕、交番訪れた女性に/神奈川

社会 神奈川新聞  2013年04月22日 23:50

交番に相談に訪れた女性にわいせつな行為をしたとして、県警は22日、特別公務員暴行陵虐の疑いで、相模原署地域2課の巡査辻大志容疑者(24)=厚木市温水西1丁目=を逮捕した。

逮捕容疑は、20日午前0時ごろ、相模原市中央区内の公園で、交番に相談に訪れた同市在住の30代の無職女性にキスするなどわいせつな行為をした、としている。県警監察官室によると、同容疑者は「間違いありません」と容疑を認めている。

同室によると、女性は19日午後11時ごろ、現場の公園から約230メートル離れた交番に相談に訪れたが、勤務員が別の業務で不在だったため、上溝駅前交番で当直勤務中だった同容疑者が応援に派遣された。

同容疑者は約1時間、女性から相談を受けた後、「ちょっと行こうか」と女性に声を掛けて2人で公園に行き、壁と遊具に囲まれて周囲から見えにくい場所で女性にわいせつな行為をした。2人は初対面で、同容疑者は制服を身に着けたままだった。

同室によると、女性に対し脅迫や暴行はなかったといい、強制わいせつ容疑での立件を見送った。

女性が21日、同署に「交番で相談を聞いてくれた若い警察官にわいせつな行為をされた」と相談して発覚した。

保坂都彦監察官室長は「警察の職務に対する信頼を大きく損なうものであり、誠に遺憾。今後の捜査結果を踏まえて、厳正に対処する」とコメントした。

【】


シェアする