1. ホーム
  2. 日本フィルが相模原で定期演奏会開催へ/神奈川

日本フィルが相模原で定期演奏会開催へ/神奈川

神奈川新聞  2013年04月14日 21:24

相模原市民文化財団は2013年度から、相模女子大学グリーンホール(旧グリーンホール相模大野)で日本フィルハーモニー交響楽団(東京都杉並区)の定期演奏会を開催する。市が政令指定都市に移行したことなどを受け、日本フィルと同会場での定期演奏会の開催協定を結んだ。

同文化財団は、11年4月に公益財団法人へ移行。その役割を担い、今まで以上に「魅力ある文化ホールに」と、定期的なオーケストラ公演を行う交響楽団を探していた。グリーンホールは1790席を有し、小田急沿線では最大のホールだという。

13年度は2回の定期演奏会を予定。第1回は10月6日に催し、指揮は日本フィル桂冠指揮者の小林研一郎さん。第2回は14年2月28日で、指揮者は大友直人さん。曲目には、なじみのあるドボルザークの「新世界より」やシューベルトの「未完成」などを選んだ。

同文化財団では「定期的オーケストラ公演を催すことで、このホールを愛するファン増加につながれば」としている。

【】


シェアする