1. ホーム
  2. 社会
  3. 14日まで収穫祭、インドの料理や雑貨ブースがずらり/横浜

14日まで収穫祭、インドの料理や雑貨ブースがずらり/横浜

社会 神奈川新聞  2013年04月12日 22:35

インドの収穫祭にちなんだ「Holi Festival of Rainbow in横浜2013」が12日、横浜・みなとみらい21(MM21)地区の横浜赤レンガ倉庫で始まった。日本在住のインド人らでつくる実行委員会の主催で、14日まで。

Holi(ホーリー)はインドで毎年春に行われている収穫を祝う祭りで、色水を掛け合って祝う習慣がある。日本で開催されるのは初めてという。

オープニングでは、参加者たちは本場の祭りと同様、ピンクや青など色とりどりの塗料を互いの顔や腕に塗り合い、イベントの開幕を楽しんだ。

会場には、インドと日本の友好を深めてもらおうと、インド料理やアクセサリー、文房具などを販売する約50のブースが出店。期間中、ステージではインド文化を紹介するトークショーや、古典舞踊「バラタナティアム」などが披露される。

両国のビジネスや連携の「きっかけ作り」の場も用意。インドワインの紹介や、女性の視点から日本とインドの印象などを話し合うランチミーティングが毎日行われる。

主催する実行委員会の大場多美子副委員長は「楽しみながらインドについて知り、交流を深めてほしい」と来場を呼び掛けた。

入場無料で雨天決行。午前10時~午後9時(最終日は午後7時まで)。

【】


シェアする