1. ホーム
  2. 社会
  3. 拳銃1丁紛失、キャンプ座間/神奈川

拳銃1丁紛失、キャンプ座間/神奈川

社会 神奈川新聞  2013年03月28日 23:25

在日米陸軍キャンプ座間(座間、相模原市)に勤務する男性軍人に貸与された拳銃1丁がなくなっていることが28日、分かった。米陸軍から連絡を受けた県警が同日、公表した。米陸軍が関係者らから事情を聞くなど調査しているという。拳銃を全国に手配した県警は、米陸軍の調査結果を待ち、盗難の場合は窃盗事件として捜査する方針。県警や米陸軍によると、なくなったのは38口径の回転式拳銃1丁。空砲を発射するためのもので、軍用犬の訓練に使われているという。

米国籍の男性軍人は25日午後1時ごろ、勤務中の室内の机の上に置いたまま離れ、午後3時ごろに戻ってくると拳銃がなかったと説明している。軍人は上司に報告し、米陸軍は翌26日午後1時ごろ、県警に通知した。県警は現場を確認、米軍側に事情を聴くなどし、28日になって公表した。

【】


シェアする