1. ホーム
  2. 政治行政
  3. 葉山町のし尿施設、13年度末までに完工へ/神奈川

葉山町のし尿施設、13年度末までに完工へ/神奈川

政治行政 神奈川新聞  2013年03月14日 22:51

葉山町の山梨崇仁町長は14日、敷地不足の発覚などによって暗礁に乗り上げていた、公共下水道にし尿等を投入する施設の建設工事について、国が公共下水道の目的外使用を承認したことを明らかにした。町は2013年度末までに完工させたい考えだ。同日の町議会本会議で、一般質問に答えた。

町は、し尿等投入施設建設工事をめぐり、浄化センター隣接地に10、11年度の2カ年での建設を計画したが、敷地不足の発覚によってストップしたままとなっていた。このため、町は国にあらためて公共下水道の目的外使用を申請する方針を示していた。

町長は経緯やスケジュールについて「1月30日、下水道へのし尿等投入施設を設置するための(国の)目的外使用承認を得たことから、建設工事に向けて実施設計を行っており、3月中に完了したい」と答弁した。

実施設計後は積算を実施し、補正予算を計上。予算議決後に一般競争入札を経て着工する予定だ。町側は「14年3月までは横浜市にし尿等の処理を委託しており、その間に完工させ、稼働させたい」と、できるだけ早期に投入を始める考えを述べた。

【】


シェアする