1. ホーム
  2. 話題
  3. 犬や猫、譲渡動物の写真展 川崎アゼリア

犬や猫、譲渡動物の写真展 川崎アゼリア

話題 神奈川新聞  2017年04月14日 02:00

動物愛護センターから譲渡され市民の家庭で飼われている猫(川崎市提供)
動物愛護センターから譲渡され市民の家庭で飼われている猫(川崎市提供)

 川崎市動物愛護センター(高津区)は14日から、同センターから市民らに譲渡された動物の写真展を川崎駅地下街・川崎アゼリア広報コーナーで開く。同センターは「ペットを飼う際、保護された動物を譲り受けるという選択肢もあると知ってほしい」と来場を呼び掛けている。

 展示するのは、譲渡後の家庭での様子が分かる犬と猫の写真5点。「(動物が)我が家へ来てから、家に帰るのがより楽しみになりました」といった家族のコメントも紹介する。27日まで。

 同センターでは毎月第3日曜日に譲渡会を行っており、2016年度の譲渡会(計12回開催)では1歳以上の猫6匹、1歳未満の猫6匹の計12匹が譲渡された。次回は今月16日午後2~4時で、愛護団体やボランティアが保護している動物も参加予定。問い合わせは同センター電話044(766)2237。


シェアする