1. ホーム
  2. 話題
  3. 知的障害の若者バンド 垣根越え盛り上がれ

本番に向け練習、横須賀で16日ライブ
知的障害の若者バンド 垣根越え盛り上がれ

話題 神奈川新聞  2017年04月13日 11:30

本番に向けて練習に励む「そよかぜバンド」のメンバー=横須賀市本町
本番に向けて練習に励む「そよかぜバンド」のメンバー=横須賀市本町

 知的障害のある若者でつくるバンド「そよかぜバンド」が16日、横須賀市本町の市立総合福祉会館7階でライブを開く。本番に向けて練習に励むメンバーらは「出演者もお客さんも垣根を越えて、みんなで一緒に盛り上がってほしい」と来場を呼び掛けている。

 そよかぜバンドは2008年、市立岩戸中学校(同市岩戸)の特別支援学級「そよかぜ学級」の男子生徒と担任教諭らが結成した。現在のメンバーは17~23歳の7人で、日ごろは一般企業や障害者の通所施設などで働いている。

 ステージライブをほぼ毎年開催。今回は「上を向いて歩こう」や、時代劇「水戸黄門」の主題歌など幅広い世代に親しまれている曲など計8曲を披露する。

 7人はギター、ドラム、マリンバ、タンバリンなど一人一人が異なる楽器を担当。本番を間近に控えた10日の練習では、にぎやかな音楽に合わせて、体を揺らした。メンバーの一人が時折、客席側まで歩いて盛り上げるしぐさをするなど、温かな雰囲気に包まれていた。

 メンバーは「本番はいつも楽しい気分」と笑顔。バンドをサポートしている事務局も「演奏を聞きながら跳ねたり踊ったりできるので、小さい子どもからお年寄りまで楽しんでほしい」と話している。

 ライブでは同バンドのほか、障害者のために開発された弦楽器「ヘルマンハープ」の演奏、ピアノの弾き語りなども行われる。

 入場無料で、午後2時から。問い合わせは同バンド事務局電話090(6127)6962。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 40代男性がはしかに感染 横浜

  2. 伊勢丹相模原店跡、複合ビル建設を検討 野村不と売買交渉

  3. ロマンスカー車内でわいせつな行為・小田急車掌を逮捕/神奈川

  4. 横須賀市内で5900軒停電

  5. 横浜高島屋が開店60周年 鳩サブレー缶など限定販売

  6. 動画 はっけよい…ぎゃー! 比々多神社で泣き相撲

  7. 稲村ケ崎海岸の沖合に女性遺体 鎌倉署が身元など捜査

  8. 閉店セール、開店前に行列も 伊勢丹相模原店

  9. 【写真特集】台風15号の被害状況

  10. 保育園埋設の放射性汚染土問題 横浜市が保護者に相談会