1. ホーム
  2. 社会
  3. 利き酒と名曲楽しんで、秦野の酒造店で「蔵開放デー」/神奈川

利き酒と名曲楽しんで、秦野の酒造店で「蔵開放デー」/神奈川

社会 神奈川新聞  2013年03月02日 12:44

酒蔵内にモーツァルトの名曲を流す独特の醸造法で知られる「金井酒造店」(秦野市堀山下、佐野英之社長)で24日、毎年恒例の「蔵開放デー」が行われる。

酒蔵見学の後、利き酒会が行われ、新酒やモーツァルト・シリーズなど、十数種類の日本酒を試飲できる。和太鼓やジャズの演奏も披露される。

午前10時と午後1時半の計2回開かれ、定員は各300人。事前申し込みが必要で、参加費は1人500円。未成年者の入場不可。土産として「うすにごり酒」(180ミリリットル)も用意されている。

同社は小田急線秦野駅北口から神奈中バス「秦08・桜土手経由渋沢駅行き」または「秦10・日立製作所行き」で「文化会館前」下車。問い合わせは、同社電話0463(88)7521。

【】


シェアする