1. ホーム
  2. 社会
  3. 善意の書き損じはがき3万枚超、「ユネスコ世界寺子屋運動」で募集/鎌倉

善意の書き損じはがき3万枚超、「ユネスコ世界寺子屋運動」で募集/鎌倉

社会 神奈川新聞  2013年02月25日 00:15

集まった善意のはがき-。世界各地の学校に通えない子どもたちの支援に充てようと、鎌倉ユネスコ協会が募っていた年賀状などの書き損じはがきが3万枚を超えた。会員は枚数確認などの作業をしながら、「趣旨に感動してくれる人が多く、うれしい」と話す。

同協会では「ユネスコ世界寺子屋運動」の一環として、書き損じはがきを募集。郵便局で切手に交換、企業の協力で現金化して、アフガニスタンやカンボジア、ラオスなどでの寺子屋建設や運営に活用する。

21日現在、約1200の個人や団体が賛同。使っていない貴重な記念切手や古いはがきも届いている。

2月末まで、郵送で受け付ける。送り先は、〒247-0062、鎌倉市山ノ内381、協会理事の森井曠雄(あきお)さん。

問い合わせは森井さん電話0467(22)8949。

【】


シェアする