1. ホーム
  2. 経済
  3. 観光客誘致へ他都市と連携強化、営業一本化も/三浦

観光客誘致へ他都市と連携強化、営業一本化も/三浦

経済 神奈川新聞  2013年02月23日 19:39

三浦市は、県内外の他自治体や民間事業者と連携した観光客誘致の取り組みを強化する。それぞれの強みを生かして他都市と連携したモデルコース、鉄道やバスを使った羽田空港からのルートの提案などを行い、市内経済の活性化につながる観光客の増加を目指す。

小中学校などの教育旅行、団体客を対象とした誘客営業、インバウンド(訪日外国人旅行)の目的別に行っていた取り組みを、「誘客プロモーション」として一本化。学校や事業者に対して、より機動的な営業、提案を行っていく。市は2013年度当初予算案に、事業費約250万円を計上した。

市はこれまでも、三浦半島の各市町と連携し、地元の事業者と旅行会社とのマッチングを目指した交流会などを実施。12年度は市内を巡りマグロ料理を楽しむ企画を千葉県から誘致。2月に、同市内を訪れる観光ツアーの中では最大規模となる約270人が参加して盛況だった。

市内の観光客数は、10年度は540万人だったが、11年度は震災の影響もあって490万人に落ち込んだ。市営業開発課は「市内の基幹産業の一つである観光を盛り上げたい」としている。

【】


シェアする