1. ホーム
  2. 社会
  3. 本場アルプスの天然雪を楽しんで、国営アルプスあづみの公園が相模原公園にプレゼント/神奈川

本場アルプスの天然雪を楽しんで、国営アルプスあづみの公園が相模原公園にプレゼント/神奈川

社会 神奈川新聞  2013年02月21日 22:37

長野県の国営アルプスあづみの公園(安曇野市など)が23日、相模原市南区の県立相模原公園に天然雪をプレゼントする。本場・アルプスの雪で、子どもたちにそり遊びや雪だるま作りを楽しんでもらいたいと企画された。会場となるイベント広場への入場は無料。

長野から10トントラック5台が35立方メートル分の天然雪を運ぶ。午前11時ごろから訪れた人たちが雪遊びできるようになるという。同広場内で先着200人に信州手打ちそばが振る舞われ、豚汁の販売もある。

同公園は「今年は相模原市内でも何回か雪が降ったが、あらためて雪に親しむ機会にしてほしい」と考えている。雪だるま作りに使える型やそりの無料貸し出しもある。雪のプレゼントは、2011年に始動した交流事業の一環。

相模原公園は「相模の大凧」をあづみの公園に寄贈するなどしたが、雪のプレゼントは11、12年と2年連続で雨天中止になっている。問い合わせは、相模原公園電話042(778)1653。

【】


シェアする